ミスターラーメンマンJr.

主に愛知☆最近沖縄に移住★ラーメンつけ麺まぜそばとか★ 食べ歩きの記録ブログ。*素人目線*個人的感想*星3が普通。星5満点*メンマ抜き投稿多し*過去の分も追って更新中。まだまだ未完成。

スポンサーリンク



view raw

つけめんTETSU JRゲートタワー名古屋店(名古屋市中村区)つけめん 850円

スポンサーリンク

つけめん 850円

 

具:なると、ネギ、チャーシュー×1、メンマ、かいわれ

 

星:4.0★

f:id:Relie:20171223190655j:plain

(2017年12月22日来店。)

 

『ソラノイロ』からの2軒目。

こちらも東京の超人気店の名古屋進出店。

東京つけ麺ブームの火付け役『つけめんTETSU』だ。

場所はJRゲートタワープラザの12階。

休日というだけあって、店の外には行列が。

提供までに30分近くはかかったかな。

先に食券を買ってから列に並ぶスタイル。

 

まずは麺をひと口。

弾力がありモチモチとした食感で、小麦の味を存分に感じることができる。

思わずもう1口、2口とつけ汁を無視して箸が進んでしまう。

(私は麺が冷たい『ひやもり』を注文したが、麺が温かい『あつもり』を注文すると麺はカツオ出汁に浸かって提供される。)

 

つけ汁は王道的な豚骨魚介。

濃厚でしっかりとした味なので決してこの太麺にはね返されない。

つまり、麺とスープの相性は抜群だ。

やっぱつけ麺はこの系統の味が一番うまいのかな?と再度思わされてしまう。

こういう味を食べて懐かしい感情が出てきてしまうのは、それだけ現在多種多様な味のつけ麺が出回っているということの表しか。。

 

チャーシューは厚めで長方形をしたのが1枚スープに沈んでいる。

トロトロ柔らかで美味しい。

 

TETSUといえば冷めたスープに入れる『焼き石』が有名だが、今回は遠慮しといた。

と言うか、その存在を思い出した頃にはすでにあとひと口分しか麺が残っていなかったのでできなかった。。

 

スープ割りのカツオ出汁は卓上に用意されているのでお好みで。

 

『つけめんTETSU 千駄木本店』など、

昼と夜で麺とスープを変える店舗がいくつかあるが、ここ名古屋店は太麺の豚骨魚介一本で勝負している。

(まぜそばやラーメンなどの他のメニューはあります。)

 

店内にあるつけめんの食べ方のイラストは岡崎の『つけめん舎一輝』を彷彿とさせる。

味もどこか似ている気が。。

 

f:id:Relie:20171224085447j:plain

f:id:Relie:20171223190627j:plain

f:id:Relie:20171223190923j:plain

f:id:Relie:20171223190938j:plain

f:id:Relie:20171223190649j:plain

TEL:052-589-2140

住所:愛知県名古屋市中村区名駅1−1015−15ゲートタワー 12階

営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)

定休日:施設に準ずる

駐車場:なし

席数:22(カウンターとテーブル)

オープン日:2017年4月7日。

ホームページ:http://www.tetsu102.com/

スポンサーリンク